WiMAX(ワイマックス)の契約でUQがオススメな理由!将来的にも安心して申し込めるプロダバイダ!

UQWiMAX

WiMAX(ワイマックス)を申し込むならやっぱり本家のUQで間違いないな〜と思うのは、WiMAXを快適に利用できるように行っている努力が半端なくすごいんです!

私は職業柄いろんなインターネットプロバイダをみてきましたが、おそらくここまで血の滲む努力を行っている通信業者も珍しいと思います!

多くの通信業者は契約するまでは全力投球で、契約後は何年縛りをいいことに環境改善努力を怠ってします。

しかし、UQコミュニコーションズの取り組みは半端ない!!

過去には失敗もありましたが、それを覆す努力を行っている信頼できる通信事業者なのです。



とことんユーザーの声を聞く

index_img_mv

UQコミニュコーションズでは、とことんユーザーの声を取り入れています。

エリアに関してや電波状況について誰でも簡単に行える専用の回答ページがあります。

その中には、今後ユーザーがどんなことを要望するのかを軸に詳しく質問があります。

具体的な住所へのサービスエリアの拡大・通信品質の改善・実際に使っていての通信状況などの意見を、担当部署にて毎月データ集計を行って、地図に落とし込んでいます。

それによって全国各地から集まった要望を元に、毎月取りまとめて状況確認して、適宜エリアデータとてして改善を行っているのです。

サービス品質向上のための取り組みがマニアックすぎてすごい!

ネット上では結構WiMAXの批判というか弱点を突くような書き込みって多いのですが、それって過去の話なんだな〜って実感しています。

ワイマックスも完璧ではありませんが、その弱点を補うための努力がマニアックですごいんです。

屋内利用の環境が改善している

WiMAXの前評判では屋内の電波に弱いと言われ続けてきました。

これにはWiMAXやWiMAX2+で利用している電波が、速くて直進性のある特徴と引き換えに障害物などをする抜けるのが難しいと言われてきたからです。

このために屋内では圏外になったり、弱電界といって電波の弱いエリアがあったのですがここをマニアックな取り組みで改善しているのです。

index_img_indoor_01

屋内電波において…

WiMAXに関する電波法設備規則が「出力電力を2倍(200mWから400mW)に」「端末アンテナ利得向上(2dBiから5dBi以下)」と改定されたことにより、送信出力やアンテナ増幅能力を強化できるようになりました。

UQ公式サイトより

マニアックすぎて何のこっちゃかわからないと思いますが、これをUQではメガホンを使って声を出す時に「声を大きくする」=出力のUPで、さらにそれに加えて「メガホンを大きくする」=利得の向上をすることでより大きな声を届かせるということをいっています。

もう少しわかりやすくいうと、今までつながりにくかった屋内への電波を、電波自体を変えるわけでなく、その勢いとボリュームを増やすことで屋内でのつながりやすさが向上したということなのです。

つながりやすさの向上!

UQでは常にWiMAX基地局の監視を行っています。

今の状態で満足することなく、将来の混雑状況を予測して、WiMAX基地局を増設することでつながりやすさの向上を行っているんです!

状況に応じて基地局を増やしてエリアを分割

index_img_example_01

例えば上の図の左のように、実際のWiMAXの利用密度は場所によって異なりますよね。

もちろん最初は均等に設置していた基地局ですが、UQでは毎月の収集しているデータを元にどこがつながりにくく回線が混雑しているのかといことを把握しています。

そのため混雑が起きているエリアに対して効率良く基地局を増やすことで、混雑を回避することができるのです。

人が密集する場所には小型基地局を設置

index_img_example_02

ネットあるあるですが、人が密集している人混みでは電波が通りにくという経験をしたことはありませんか?

というのもあれも、回線の混雑や基地局から端末に電波が物理的に届きにくくなることが原因なのです。

これに対してもUQは小型の基地局を設置することでつながりやすさの向上に努めているんです。

すでに東京では新宿や渋谷、池袋では対策が実施されていて今後や大阪や名古屋、福岡などを中心に広まっていく予定です。

端末のバッテリーの持ちへの品質向上も!

ワイマックスは持ち運びの出来るモバイルルーターですが、そこで気になるのはバッテリーの持ちです。

このバッテリーの持ちの向上へのアプローチしているのですが、これもかゆいところに手の届く努力です。

バッテリーの持ち時間を長くするため有効なのが、WiMAX機器が通信していない状態(Idle Mode)では、電源利用を制御し、消費電力を最適化する技術です。

端末機器などの電機機器が一番電力を消耗するのは、電源のON/OEEです。

WiMAXでは電源のON/OFFを出来るだけ減らし、待ち受け間隔を長くすることで、連続動作時間を延長しています。

この待ち受け間隔が長くなることで、バッテリー動作時間は最大2倍になると期待されているのです。



実効速度が出ない時に対策もすごい!

そしてやっぱりWiMAXがすごいな〜と思うのが、理論値の通信速度だけでなく実効速度が出ない時の対処が素晴らしいんですよね。

実効速度っていうのは、下り最大に対して実際に出る速度のことです。

これは通信方式、受信環境、接続方法、利用機器によって変わるのですが、それぞれへの対処法もしっかりと対応しているのです。

index_img_wimax

1、通信方式

WiMAX 2+対応ルーターは、「WiMAX 2+」「WiMAX」などの通信方式が自動的に切り替わる場合があります。

「WiMAX 2+」で通信しているかをご確認ください。

2. 受信環境

WiMAX 2+対応ルーターの省電力設定により、最大通信速度に影響を及ぼす場合があります。

WX01の場合、省電力モードを「ハイパフォーマンス」(初期値)に設定してください。

3. 接続方法

WiMAX 2+対応ルーターは「Wi-Fi」もしくは「USB」で接続が可能。

より高速に通信するには「USB接続」を推奨します。Wi-Fiなら「802.11ac」がおススメです。

4. 利用機器

ご利用機器(パソコン・スマートフォン等)の設定を確認してください。

パソコン等に搭載されているWi-Fiモジュールのパフォーマンスも速度に影響を及ぼします。

将来的にもっとも安心して使えるモバイルルーター

UQコミニュケーションズがワイマックスのおいて行っている努力t¥や対策を見てもらいましたがこれはほんの一部です。

まだまだこの他にに通信速度の向上や、通信エリアの拡大や端末機器の性能向上など様々な取り組みを行っています。

インターネットが普及してモバイルルーターは私たちにとって欠かせないものになってきましたが、将来的にももっとも安心して使えるのは間違いなくワイマックスです。

その中でもやっぱり本家であるUQコミュニケーションが運営するUQWiMAXがもっとも安心できる契約先というのは揺るぎない事実です。

ぜひともこれからワイマックスを契約しようと思っている方は後悔のないように契約先を選んでくださいね!!

UQ WiMAX公式サイト>>

ランキング1位非の打ち所のない安心の本家で初心者の方にオススメ!!

UQWiMAX

チェック黄色本家本元のサービス面や情報面において心配のない契約先

チェック黄色通信速度も本家なので他社に比べ速い

チェック黄色専用ページからより商品券やキャッシュバックキャンペーンあり!

チェック黄色解約も簡単にできるので契約する際に安心感がある!

チェック黄色全てのオプションに適応可能!


UQ WiMAX専用ページはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。