最新版!WiMAX(ワイマックス)はキャリアアグリゲーションの220Mbpsのエリア完成でW03も拡大予定!

WiMAX2+がキャリアグリゲーションによる220Mbpsを2015年の10月末に全国で一斉に拡大してエリアが広がった時も驚いたんですが、今度はW03は370Mbpsです!

W03

東京都の一部〈渋谷駅周辺〉エリアから順次提供予定なので、当てはまるエリアの人なら迷うことなく申し込んだ方がいいでしょう!

ただしまだ本家のUQWiMAXからの申し込みしかないので、お申し込みをする際はUQWiMAXからになります。

UQ WiMAX公式サイト>>

W01もW02も最初は狭かった!

W02

↑W02

WiMAXの歴史を見てみると、これまでも2015年3月以降も全国で少しずつエリアを広げようと整備が行われてきて、ようやく今の体制が整っていますが、実はW01もW02も最初は220Mbpが使えるエリアはごくごく限られていました。

その当時はまだ基地局の整備を追いついていなかったのですが、2015年10月末にかけて、本家であるUQコミニケーションズは全国でキャリアグリゲーションを220Mbpsで使えるように急ピッチで作業を進めていったのです。

その当時は私も、いつ通信環境が整うか気なったので、コールセンターに電話したり独自の調査を行っていましたが、やっとのやっととでエリア拡充は実現したのです。

今じゃW02を使っていてエリアの心配をほとんどすることはないと思いますが、最初はW01もW02も使える範囲が狭かったんです。

現在のキャリアグリゲーション220Mbpsのエリアを確認する>>
※HP内の『サービスエリアマップ』から確認ができます。

W03の今後のエリアはどうなる?

W03の最大の特徴は下り最大370Mbpsの通信速度対応で、WiMAX2+の2本の電波と高速LTEを束ねたキャリアアグリゲーションで、ハイスピードエリアモードで受信最大370Mbpsを利用できるようになっています。

UQコミュニケーションズの発表によると東京渋谷駅をスタートして、大阪、名古屋の人口の多い都心部を中心の順次導入予定です。

これって先ほどのW01やW02がキャリアアグリゲーションの220Mbpsのエリア範囲を拡大していった経緯と似ています。

最初はやっぱり人の多く集まるところから基地局を整備していって、順次全国に広げてい予定です。

ただし今回が前回と違うのは、以前の220Mbpsよりももっと急ピッチでエリアを広げていくと思われます。

というのも、前回の220Mbpsの時にこともありますし、このW03が販売される前にWiMAX(ワイマックス)はY!mobileのPocketWiFiの504HWに通信速度を261Mbpsと上回られました。

WiMAXが初めて通信速度で劣ってしまったんですね。

将来的には1GBの通信速度を目指している(もはや光回線なみ!)ワイマックスからしたらこれだけ屈辱的なことはなかったでしょう。

今後のWiMAXはさらに通信速度を速めていきエリア拡充もスピーディーに行っていくでしょう!

おそらく今後は他の追随を許さないほど圧倒的なモバイルWiFiルーターとして君臨するはずです。

なので、今からW03を購入しようとしている人は間違いありませんし、まだ使えないエリアでもすでに全国に広がっているキャリアアグリゲーションの下り最大220Mbpsは使えるので安心です。

現在W03が使えるのはUQのみ!これも順次拡大予定!

現在、W03を契約できるのは、本家であるUQWiMAXだけです。

これは本家であるのでその特権は当たり前だと思います。はじめから他のプロバイダへも商品を提供してしまったら、情報が散らばってしまいW03の本当の良さや問題点があやふやになってしまう懸念もあります。

だからこそまずはじめはUQのみ販売になるのですが、これも順次、他のプロバイダからも販売されるようになってくるでしょう!

とりあえずいますぐW03を手に入れたいっていう人はUQWiMAXで、もう少し様子を見て他のプロバイダで購入するという人は、逐一情報を確認しておいてくださいね!

W03のお申し込みはこちらから>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。