神モード!ワイマックスのハイスピードプラスエリアモードのLTEオプションのメリットは?auのエリアはどこでもつながる

ワイマックスって現状、日本で最高のモバイルWiFiルーターだな〜と思うのが、使える電波が神なんですよね!

というのも金さえ積めばどこでも電波を拾うことができてネット接続できるからなんですよね。

金さえ積めばっていうのは言い方悪いですけど、追加で料金払ってもハイスピードプラスエリアモードを使う価値がクソほどあるんです!!

でもその前にWiMAX(ワイマックス)で使用している電波の知っておきましょう!

ワイマックスで使える通信モードは3つ!

ワイマックスのルーター端末で使える通信モードは3つあります。

チェック黄色ノーリミットモード(速度制限がないWiMAXが使えるモード)

チェック黄色ハイスピードモード(2年間速度制限がないWiMAX2+とWiMAXが使えるモード)

チェック黄色ハイスピードプラスエリアモード(auのLTEとWiMAX2+が使えるモード)

index_img_02-2

今回はこの中でも神モードと呼ばれるハイスピードプラスエリアモードについて徹底解説していきたいと思います。

auの回線を使えるハイスピードプラスエリアモード

どうしてハイスピードプラスエリアモードが神モードといわれるかというとauの回線を使えるモードだからです。

ワイマックスというのは2.5GHzの周波数帯を利用してUQコミニュケーションズが提供するサービスです。

ところがハイスピードプラスエリアモードを利用すれば実際に使える電波はそれだけでなくauの4GLTEが使用している周波数帯の

チェック黄色800MHz帯(Band18)の10MHz幅×2

チェック黄色1.5GHz帯(Band11)の10MHz幅×2

チェック黄色2.1GHz帯(Band1)の20MHz幅×2

が使えるようになります。

この中でも特にauの主力周波数帯である800MHz帯はプラチナバンドであるこちらが主力になっています。

au4GLTEは実人口カバー率99%の驚異的な数字も叩きだしています。

つまりハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション:月額1,005円)を使うということはワイマックスの2.5GHz帯だけでなくこのauが提供しているその他の電波を利用できるということなのです。

エリアがダントツに広いハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードの特徴をもっとわかりやすくいうと、使えない場所はないぐらい繋がるということです。

hispeed

というのも、auのスマホを使っている方ならわかると思いますが、auのスマホで現在つながりにくい場所なんて日本全国ほとんどありません。

電波環境に整っていなかった以前の話であれば、auのスマートフォンで山奥に行けばつながらないなんてこともありましたが現在はほとんどありませんよね?

つまりWiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使えるということは通信を行う場所を選ばず不自由がないということなのです。

ワイマックスがつながらないところでもau 4G LTEはバンバンつながってくれます。

ワイマックスのエリア拡大もほぼ進んで問題はありませんが、地方郊外や田舎ではやっぱりau4GLTEが勝ります。

実人口率が99%を超えているので過疎地や離島でも使えないところがないんじゃないかぐらいどこでも大体使うことができます。

建物の中や地下でもつながりやすいau4GLTE

au4GLTEは先ほども説明した通り800MHzのプラチナバンドと呼ばれる周波数帯を利用しています。

その特徴として

チェック黄色建物や障害物を回り込む

チェック黄色地下や部屋の中でもスイスイ掻き分けて進む

チェック黄色電波が山の向こうのような遠くまで届く

という特徴があります。

purachinabad

広いエリアでなおかつ建物や障害物があっても問題なくau4GLTEが利用できるハイスピードプラスエリアモードですが、利用するときには注意点もあります。

ハイスピードプラスエリアモードを利用するときの注意点

ハイスピードプラスエリアモードへ料金払えば利用可能

ハイスピードプラスエリアモードは月額1,005円の有料オプションです。

利用するのに特別な手続きはいりません。

しかも利用時にはちゃんと端末のディスプレイに警告が出るので、利用したくない月には利用しなくてもいい仕組みになっています。

つまりお金さえ払えばいつでも好きなときに使えるのです!

実質的に帯域制限があるようでない!

ハイスピードプラスエリアモードでは月間7GBを使ってしまえば帯域制限がかかります。

しかしノーリミテッドモードに切り替えれば制限はかかりません。

このへんをうまく節約したり、制限がかかっても違うモードを使うことによって、ハイスピードプラスエリアモードをうまく活用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードに対応端末がある

ハイスピードプラスエリアモードには対応している端末としていないたんまsつがあります。

Speed Wi-Fi NEXTW01

Speed Wi-Fi NEXTW02

が対応になっていますが、現在ハイスピードプラスエリアモードが使えて爆発的に人気が出ている端末がSpeed Wi-Fi NEXTW03です。

最新端末

W03 2016年7月1日発売

wimp

チェック黄色過去最速!3つの周波数を束ねて370Mbpsを実現!

対応モード
・ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)+(WiMAX2+)
・ハイスピードモード(220MbpsのWiMAX2+)

チェック黄色満を持して登場したWiMAX史上最高の最新機種でW02の後継モデル

ハイスピードプラスエリアモードは利用した月はLTEオプション料1005円がかかります。モードの利用はご自身で設定できるので、全く利用しなければオプション料金はかかりません。

製造元
・ファーウェイジャパン株式会社

オススメプロバイダはこちら!

ランキング1位とにかく安い!最新端末申し込むならオススメWiMAX!!

GMOとくとく

チェックボックス赤月額利用料金がとにかく安い!!

チェックボックス赤キャッシュバック額が間違いなく業界No.1

チェックボックス赤初めてでも安心の20日以内ならキャンセルOK!!

チェックボックス赤長く使えばさらに586円安くなる長期割も適応!

>>【GMOとくとくBB WiMAX2+】の詳細・お申し込みはこちら

ranking-free-sozai2本家の安心感に勝るプロバイダはなし!!

UQWiMAX

チェック黄色本家本元のサービス面や情報面において心配のない契約先

チェック黄色通信速度も本家なので他社に比べ速い

チェック黄色専用ページからより商品券やキャッシュバックキャンペーンあり!

チェック黄色解約も簡単にできるので契約する際に安心感がある!


UQ WiMAX専用ページはこちら>>

ranking-free-sozai3人気急上昇中!アフターサービスNo. 1のWiMAXプロバイダ!

So-netワイマックス

チェックボックス赤大手ソニーグループのインターネットプロバイダだから安心!

チェックボックス赤ギガ放題プランでも1年間月額2,680円!開始月は無料!

チェックボックス赤端末代タダで、しかも2万円以上の高額キャッシュバックあり!!

チェックボックス赤auスマホユーザーなら最大934円割引!

チェックボックス赤土日もOK!So-netなら安心のサポート体制!

>>So-net!WiMAXの詳細・お申し込みはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。