Yahoo!Wi-Fiとスマモバを比較してオススメはどっち?違いを徹底検証!

スマモバヤフー比較

ポケットWi-Fiとして古株で人気を博しているYahoo!Wi-Fiと、docomoの回線を無制限で3,980円/月で利用できるスモマバのWi-Fiルーターですが、比較してどちらがオススメなのでしょうか?

どちらを選ぶかは電波の良さだけでなく、料金にも大きな違いがあったり基準がたくさんあります。

実際にどんなところに違いがあるのか?

チェック黄色利用できる電波の違い(速さ・エリア)

チェック黄色サービスプランと料金の違い

チェック黄色契約年数の違い

チェック黄色契約解除料金の違い

などポケットWi-Fiでは大切な違いです!その他にも違いはあるのですが、気にしなくても良い違いがあるので難しく感じるかもしてませんが、要点を絞れば簡単です。

結論から先に言ってしまうと…

安定した電波で使いまくりたい⇒スマモバ

7GB制限のあるプラン安く補助的に使いたい⇒Yahoo! WiFi

ということになります。ちなみYahoo!Wi-Fiは月間データ容量の使い放題もありますが、オプション料金のが上乗せされるため(無料期間あり)オススメはできません。

その全理由を徹底比較して明らかにしていきたいと思います!!

スマモバとYahoo!Wi-Fiの違いを比較

スマモバの特徴

images-2

・ドコモのLTEが使い放題

・月額3,980円

・3日で3GB制限がない

・2年契約

・下り最高速度は150Mbps

ヤフーWi-Fiの特徴

wifi_r_34_2x

・ワイモバイル&ソフトバンクの電波を利用

・7GBプランは業界最安値

・3日で3GB制限あり(低速後は128Kbps)

・3年契約

・下り最大速度187.5〜112.5bps

スマモバとヤフーWi-Fiの違いを簡単に!

スマモバ Yahoo!Wi-Fi
メリット ・ドコモ回線使い放題

・低速化制限がなし

・3980円の定額

・2年契約

・7GBプランと無制限オプションプランを選べる

・Yahoo!との利用で特典あり

・7GBプランは業界最安値

デメリット ・通信速度は150Mbps

・無制限プランのみ

・3年契約

・3日で3GBで低速化制限あり

これがスマモバとYahoo!Wi-FiのポケットWi-Fiを利用する際のメリットとデメリットの大きな違いです。

さらに細かく比較をしていきましょう!

まずは必ず押さえておきたいのは料金プランの違いです。

スマモバとYahoo!Wi-Fi料金プランの違いを比較

料金プランを比較するとスマモバのプランは単純で条件もありませんが、Yahoo!Wi-Fiは2つのプランがあり、プラン適用に条件があったりオプション加入が必要であったり様々です。

スマモバ Yahoo!Wi-Fi
料金プラン
LTE使い放題
プラン

Y!F!(ワイファイ)

ずーっと得するデータプランS

Y!F!(ワイファイ)

データプラン2(4G/LTE)

特徴 月間データ容量無制限 業界最安値 月間データ容量無制限
条件 なし Yahoo!プレミアム会員限定 なし
月額料金 3,980円 2480円(3年間)

4年目以降2980円

プレミアム退会後3696円

3696円(6ヶ月)

4380円(7ヶ月以降〜3年間)

月間データ容量 無制限 7GB アドバンスオプションで無制限

比較してみると、ヤフーWi-FiのY!F!(ワイファイ)ずーっと得するデータプランS(7GBプラン)では業界最安値となっていますが、データ容量無制限のY!F!(ワイファイ)データプラン2(4G/LTE)ではアドバンスオプションが必要なため、7ヶ月目以降は4380円となっています。

その一方でスマモバは無制限プランしかないものの、3,980円の追加料金なしの定額プランとなっています。

スマモバとYahoo!Wi-Fiのつながりやすさの比較

スマモバとヤフーWi-Fiでは利用できる回線が違うので、つながるエリアやつながりやすさにも違いがあります。

スマモバとYahoo!Wi-Fiが利用できる通信エリアの比較

スマモバ⇒ドコモのLTEであるXi(クロッシィ)エリアにFOMAに対応

Yahoo!Wi-Fi⇒ソフトバンクとワイモバイルのAXGP/LTE/3Gエリアの各通信方式に対応。

両社とも回線を利用する電波に大きな違いがあっても、それぞれ名の知れた携帯電話でおなじみの会社の回線を利用できます。

さすがに各社の携帯電話が圏外の場所では通信はできませんが、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルといった会社のスマートフォンが利用できるエリアでは、それぞれのポケットWi-Fiも利用できることになっています。

通信速度やつながりやすさの比較

通信速度での比較は、ヤフーワファイの場合は利用するプランで機種が違うので通信速度にも違いがあります。

スマモバの場合⇒下り最大150Mbps

Yahoo!Wi-Fi(401HW)の場合⇒112.5Mbps(7GBプラン)

Yahoo!Wi-Fi(502HW)の場合⇒187.5Mbps(無制限プラン)

エリアや速度だけでは実際のどう違うのかがわかりにくいと思うので、2つの電波の特徴を簡単に説明します。

スマモバとYahoo!Wi-Fiの電波の特徴の違い

スマモバとYahoo!Wi-Fiの電波には大きな違いがあるのですが、その違いにはそれぞれの特徴があります。

スマモバ⇒エリアが広く・通信の安定感がある

docomoのLTEがつながりやすい理由には、クワッドバンドと呼ばれる4つの周波数帯を組み合わせた通信技術を利用していることがあります。

少し詳しく説明するとdocomoのLTEには

・Band1(2GHz帯or2.1GHz帯)

・Band3(1.7GHz帯or1.8GHz帯)

・Band19(800MHz帯)

・Band21(1.5GHz帯)

・Band28(700MHz帯)があるのですが

スマモバで利用する端末のFS020Wはこのクアッドバンド対応の端末になっています。

FS020W←クアッドバンド対応機種のFS020W

2GHzとその800MHz「広さ」である電波の通る範囲1.5GHzt1.7GHz速さが特徴です

つまりdocomoのLTEというのは4つの周波数帯を日本全国に張り巡らせることでより繋がりやすくなるというのが大きな特徴となっています。

これを使えるのスマモバということになるので、エリアが広くて通信に安定感があるということなのです。

Yahoo!Wi-Fi⇒速度が速くて室内でつながりやすい

Yahoo!Wi-Fiはソフトバンクとワイモバイルの通信技術を利用していますが、その特徴は速度が速くて室内でもつながりやすいということです。

これは通信技術のキャリアアグリゲーションという利用しているからです。

キャリアアグリゲーションとは、2本以上の異なる周波数帯の電波を束ねて送ることで高速通信を可能にした画期的な通信技術です。

ca

さらにYahoo!Wi-Fiの電波は700〜900MHzの周波数帯を利用しているので建物などを回り込んで届きます。

2GHzのような直進性のある電波とは違い建物の中やビルに囲まれた場所、鉄筋コンクリートのマンションなどでもしっかりとつながることが特徴です。

fig_feat2_1fig_feat2_2

結局どっちがいいの?

電波に関しての結論を言うと、使うところでつながりやすさは違えどどっちもつながるということです。

それぞれに特徴はあるものの、さすがドコモとソフトバンクでは通信回線の部分では大きな差はありません。

それ以上に比較をして気をつけておいて欲しいポイントがまだあります。

スマモバとYahoo!Wi-Fi比較して速度制限に違いは?

ポケットWi-Fi利用する際に気になるのはそれぞれの速度制限です。

速度制限は利用プランの月間データ容量制限をオーバーしてしまったり、短期間での利用データ容量が多いと通信制限に引っかかってしまいます。

その基準も各社違うのでチェックが必要です。

スマモバ Yahoo!Wi-Fi
プラン LTE使い放題プラン Y!F!(ワイファイ)

ずーっと得するデータプランS

Y!F!(ワイファイ)

データプラン2(4G/LTE)

月間データ容量での速度規制 なし 7GB オプション利用時はなし
3日で3GB制限 なし あり あり
規制後通信速度 128kbps 128kbps

Yahoo!Wi-Fiの規制後は128kbpsまで低下

Yahoo!Wi-Fiのデメリットがこの通信速度制限です。

プランによって月間7GBでの通信速度制限がかかるのと、オプションであるアドバンスモードでの通信設定をしていない場合での通信の場合、7GBを超えると速度制限がかかってしまいます。

前日までの3日間の利用通信量3GB以上を超えてしまうと当日6時から翌月6時までの3日で3GB制限にもなってしまいます。

また速度規制後の通信速度も128kbpsと、ネット通信もままならない動画なんて観れたものではない速度まで低下してしまいます。

スマモバは速度制限はなし!

一方スマモバの最大のメリットはこの速度制限がないということです。

一定量以上の連続で大量の通信を利用の場合には、帯域制限(速度制限)が実施されますがLTE使い放題プランの契約の場合は、月間の利用データ通信量の制限はありません。

sec03_img01-2

しかもYahoo!Wi-Fiを始めとする他社にはある3日間での3GBの制限がありません。

sec04_title-2

ここ最近スマモバの評判がいいのはこの部分での改善が大きいようです。

以前は大量に一気に通信を行うとつながりやすさがあったのは事実だったようですが、現在は通信環境を整備して、軒並み評価を上げてきています。

このような改善の結果、過去の評価が見直されたことがスマモバが最近人気を伸ばして急成長している要因のようです。

スマモバとYahoo!Wi-Fiには契約期間と契約解除料金に差がある

冒頭でも述べましたが、スマモバとヤフーWi-Fiの大きな違いは契約期間の設定にもあります。

契約期間

  スマモバ Yahoo!Wi-Fi
契約期間 2年 3年

となっていてYahoo!Wi-Fiはスマモバよりも1年間長い契約期間での契約ということになります。

契約期間が違うということはそこに付随する契約解除料金の金額もそれぞれ違うということになるのでここも契約前にはチェックが必要です。

契約解除料金

スマモバの契約解除料金

  スマモバ契約解除料金
24ヶ月まで 9800
25ヶ月まで 0

わかりやすくて単純です。

契約期間内の2年以内で解約するなら解約金として9800円支払ってくださいということです。

一方ヤフーWi-Fiの契約解除料金は別の記事(Yahoo!Wi-Fiの解約金には注意)で紹介しているのですが少し複雑です。

Yahoo!Wi-Fiの契約解除料金

契約月から経過時間での契約解除料金
0か月 38880円 1年1か月 28480円 2年1か月 18880円
1か月 38080円 1年2か月 27680円 2年2か月 18080円
2か月 37280円 1年3か月 26880円 2年3か月 17280円
3か月 36480円 1年4か月 26080円 2年4か月 16480円
4か月 35680円 1年5か月 25280円 2年5か月 15680円
5か月 34880円 1年6か月 24480円 2年6か月 14880円
6か月 34080円 1年7か月 23680円 2年7か月 14080円
7か月 33280円 1年8か月 22880円 2年8か月 13280円
8か月 32480円 1年9か月 22080円 2年9か月 12480円
9か月 31680円 1年10か月 21280円 2年10か月 11680円
10か月 30880円 1年11か月 20480円 2年11か月 10880円
11か月 30080円 2年 19680円 3年(満了月) 10080円
1年 29280円 3年1か月 0円

※3年2か月以降は【さんねん+アシスト1080】から【さんねん】に自動更新するので解約金は9,500円になります。

Yahoo!Wi-Fiではスマモバの2年以降が解約金かからないのと比較して、3年1か月目の1か月の間に解約すれば契約解除料金がかからないということになります。

スマモバとYahoo!Wi-Fi比較まとめ

以上がスマモバとYahoo!Wi-Fiを契約する前に確認しておけないといけない違いですが、以下の表を確認してもらえれば簡単にわかるかと思います。

スマモバ Yahoo!Wi-Fi
特徴 docomoの回線が無制限で使い放題 業界最安値
プラン

LTE使い放題プラン

Y! Fi(ワイファイ)

ずーっと得するデータプランSさんねん

Y!Fi(ワイファイ)

データプラン2(4G/LTE)

月額料金 3,980円 通常3,696円

Yahoo!プレミアム会員価2,480円

キャンペーン価格

3696円+684円(アドバンスオプション)

キャンペーンによって無料期間あり

利用エリア ドコモのLTE ワイモバイル・ソフトバンク提供エリア(アドバンスモードはAXGPエリア)
速度 下り最大150Mbps 下り最大112.5Mbps 下り最大187.5Mbps
月間データ容量 無制限 7GB 無制限

(アドバンスオプション利用時)

3日で3GB制限 なし あり あり
制限後通信速度 128kbps 128kbps
契約年数 2年 3年 3年
解約金 24か月以内9,800

それ以降0

38,880円〜10,080円更新月は0円

同じWi-Fiルーターであっても会社が違うとここまで違いがあります。

どの会社も一長一短があり完璧な契約先はありませんが、特徴をしっかりと捉えることで失敗しないでWi-Fiルーターを契約することができます。

では結局どちらがオススメなのかというと、利用の仕方によって変わってきますよね!

ドコモの無制限で選ぶならスマモバ!

スマモバWi-Fi

Wi-Fiルーターを固定回線のように使いまくりたい!という場合であればスマモバで間違いありません!

回線の安定に適したドコモのLTEを無制限で利用できるのはスマモバだけです。

ドコモのポケットWi-Fiを利用と思うと6500円以上の金額がかかりますが、スマモバなら月額3,980円で使うことができます。

スマモバの公式サイトはこちら>>

7GBプランで十分ならYahoo!Wi-Fi!


スマモバと比べるとYahoo!Wi-Fiの月間無制限プランはオススメできません。

しかし、月間7GBのデータ容量の範囲内での利用ならYahoo!Wi-Fiがオススメです。

7GBプランでは間違いなく業界最安値です。

パソコンなどでガッツリ動画を観たりの使用ではなくスマートフォンの補助的な利用や、毎日頻繁に利用するわけではない人にはとってもオススメの契約先になります。

Yahoo! WiFi公式サイトはこちら>>

以上がスマモバとYahoo!Wi-Fiの比較になりますが、特徴をしっかりと把握して契約先を検討すれば快適なネット生活をお得に送ることができます。

今ではインターネットは私達の暮らしには欠かせないものなので、ぜひともご自身にあった契約先を選んでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。